facebookに馴染めないのは・・・

2013.09.04 Wednesday

0
    最近はブログより、Facebookであれこれ思うところを綴っている人が多い。

    不特定多数の人を対象にするより、友人、知人、或はそのまた知人・・・とネットワークを広げ、そういう個と個のつながりのなかで考えを開陳したりまた、共感していただく・・・という仕組みの方が流行らしい。

    しかも、その広がりは強烈で、こんなマイナーなサイトでブログを書いたって誰も見てはくれまい。どこの誰か知らないやつが何を言ったって何の力にもならない。でも、あえてブログ。自分の考えている事をちょっと忘れないうちに書き留めつつも、心の何処かに第三者を意識して書くという行為が、なんとなく心地よい。もし、たまたま自分の考えを見知らぬ人が気付いてくれたりして、ふ〜んナルホドね、とでも思ってくれればそれでいい。もちろん友人、知人が気付いてくれて、感想なり助言なり頂ければこの上ない喜びではある。

    なんたって、イイネを集めなきゃならない重荷もないから気はラクだ。

    実はあのイイネというやつがどうにもお仕着せがましくって、馴染めない。

    押さなきゃ悪いかな、という無言のプレッシャーを与える代物。いわんや企業の場合、イイネが少ないのはメンツに関わる。

    こりゃ、担当者にはツライ。もっとも、イイネを売る商売もあるらしい。やれやれ、便利な時代ではあるが、なんか放っといてくれ!と言いたくなる時もある。

     

    コメント
    コメントする